クレジットカードの賢い使い方とは?知って得するクレジットカード活用術

クレジットカードの賢い使い方とは?知って得するクレジットカード活用術

 

クレジットカードの賢い使い方

クレジットカードの賢い使い方・得する活用術をチェックしよう

現金がなくてもショッピングなどの支払いができるクレジットカード。一時的な決済はもちろん、使い方によっては家計を上手にコントロールすることができる、とても便利なものでもあります。そんなクレジットカードには幅広い種類があり、その機能もさまざま。できることなら少しでもお得に活用したいものです。

そこで今回は、クレジットカードの賢い使い方についてご紹介します。

クレジットカードの賢い使い方とは?

クレジットカードの賢い使い方とは

キャッシュレス化が進みつつある近年、クレジットカードを所持する方も増加傾向にあります。デパートやスーパー、公共の交通機関などが発行しているものもあり、学生から高齢者まで多くの方にとって身近な存在となっています。

ここでは、そんなクレジットカードのお得な活用方法や賢い使い方を見ていきましょう。

「ポイント」を意識しよう!

現在発行されているほとんどのクレジットカードには「ポイント」制度が導入されています。

ポイント制度とは、クレジットカードの使った金額に応じてポイントが還元されるというもので、カード会社によってその還元率やポイントの使用方法などは異なります。

例えば航空会社のカードの場合、利用金額分が「マイル」として加算され、一定のマイル(ポイント)が貯まるとそれを商品や航空券に交換することができたり、ECサイト運営会社のカードの場合はポイントを現金として利用することができたりします。

購入する商品や利用するお店・場所に合わせてクレジットカードを使い分けることで、さまざまなメリットを得られます。還元率なども踏まえて、ポイントをしっかりと意識するようにしましょう。

「年会費」は必ず確認しよう!

ポイントが貯まるなど利点の多いクレジットカードですが、作成する際に見落としてしまいがちなのが「年会費」です。

カードを作成した初年度は年会費無料となっているケースが多いのですが、翌年からは自動的に引き落とされてしまいます。その年会費額が意外に高いものもあり、複数枚所持している場合は年会費だけで結構な額になることも……。

そのため、年会費については作成時に必ずその金額を確認するようにしましょう。

年会費無料のクレジットカードも多く存在するため、利用頻度やサービス等を踏まえて検討することをおすすめします。

「Web明細」を頻繁に確認しよう!

クレジットカードがあれば現金がなくても買い物ができるため、ついつい使い過ぎてしまうことも……。返済に困らないようにするためにも、自身の収入や貯蓄を踏まえて月々に使える限度額をしっかりと定めることが大切です。

しかし、家計簿をつけ忘れたり、細かく何度も利用したりした場合などは、どのくらい使ったのか分からなくなってしまいますよね。

そんな時におすすめなのが「Web明細」です。ほとんどのクレジットカードは、Web上で明細を確認することが可能となっており、自分のカード利用状況を知るうえでとても便利なものとなっています。

現在の利用状況を把握することで、自分で決めた月々の限度額よりもどのくらいオーバーしているか、あとどのくらい使えるのかなどを知ることができるため、自己管理しながらカードを利用することができるようになります。そのため、できるだけ頻繁にWeb明細を確認するようにしましょう。

ポイントを効率的に貯めるには?

ポイントを効率的に貯める

ポイントを効率的に貯めるには、どのような方法があるのでしょうか?

ここでは、普段の生活で簡単に取り入れられる方法をいくつか見ていきましょう。

ポイント還元の高いクレジットカードを選ぶ

ポイントを効率的に貯める1番良い方法は「ポイント還元率の高いクレジットカードを選ぶ」ということです。

前述の通り、クレジットカードによってポイント還元率は異なるため、普段使いのクレジットカードはできるだけ還元率の高いカードにしたいもの。年会費や他の特典などを踏まえて決めるようにしましょう。

メインのクレジットカードは1枚に決める

クレジットカードのポイントは利用率が高いほど高還元率になることが多いため、カードを複数枚所持している場合でも、普段使いのカードは1枚に決めて利用する方がお得です。

ネットショッピングをすることが多い方は、利用率の高いECサイトと提携している金融機関やカード会社発行のカード、旅行や出張などが多い方は航空会社や旅行会社、交通機関発行のカードをメインにするとポイントが貯まりやすくなります。貯まったポイントはショッピングや旅行に利用することができるため、そのメリットは大きいものとなるでしょう。

光熱費や月々の固定費をクレジットカード支払いにする

ショッピング利用に便利なクレジットカードですが、実は光熱費や保険料、年金などの月々固定費を支払うことも可能です。

これらの固定費をクレジットカードで支払ってもポイントの対象となるため、カードで支払い可能なものはクレジットカード払いがおすすめです。クレジットカードを使わなくても現金で支払わなくてはならないものなので、折角ならばポイントの対象としたいもの。

このほかに、毎月の年金保険料もクレジットカードで支払いができることはあまり知られていません。どうしても必要になる毎月の費用をクレジットカードに支払うのは賢い方法です。

一例を挙げると、平成30年度の国民年金保険料は月額1万6,340円となっており、これを12カ月に換算すると、1年で19万6,080円支払うこととなります。これをクレジットカードで支払うことで、約20万円分のポイントを得ることができるのです。

固定費の支払いをクレジットカード払いにすることで、ポイントを効率よく貯められるだけでなく、支払いのためにコンビニや金融機関に行く手間も省けます。そのため、月々の支払いはできるだけクレジットカードで済ませるのがおすすめです。

ネットショッピングはポイント還元率の高いECサイトを利用する

群雄割拠のネットショップは、さまざまな施策で集客を推進しています。季節ごと、期間ごとにポイントアップキャンペーンを実施しているECサイトもあるため、ネットショッピングをする際は、なるべくポイント還元率の高いショップを利用するようにしましょう。同じ買い物をしても、ポイントが30つくのと50つくのでは満足感は大きく異なります。

また、ネットショッピングではコンビニ決済や代引き、クレジットカード決済など、支払い方法によって支払手数料が異なるケースがありますが、一般的にクレジットカード決済の場合は手数料無料となっています。

このように、ポイント還元率の高いECサイトで、支払手数料無料のクレジットカードで決済すると、ECサイトのポイントに加えてクレジットカードの利用ポイントも付与されます。かなりお得にショッピングすることができるといえるのです。

家族カードを利用する

「家族カード」とは、クレジットカードを所持している本会員の家族が作れるカードのことです。通常、収入が少ないまたは無収入の専業主婦や学生などは、主契約者としてクレジットカードを作ることができません。しかし、父親など安定した収入のある家族の1名がクレジットカード審査に通り所持している場合、その家族もカードを作成することができます。

ただし、クレジットカード会社によって異なりますが、家族カードが作れる対象となるのは、一般的には本会員と生計が同一の配偶者や親、高校生を除く満18歳以上の子とされています。

なお、家族カードは家族単位で限度額を設定することができるものもあるため、子どもがカードを使い過ぎてしまうのでは……と不安な場合は、必ず限度額を設定するようにしましょう。

家族カードを作るおすすめのタイミングとしては、家族のいずれかが独立や転職などで、就業環境が変わる時といえるでしょう。

クレジットカードの多くは、こういったタイミングで新規作成することが難しくなります。

現在は時代背景も変わり、転職自体はポジティブな話になってきてはいるものの、クレジットカード作成においては「安定した収入がある」ということが最低限の条件となるため、独立し始めたばかりだったり、勤続年数が数カ月だったり、収入が不安定とみなされる間は、なかなか新規で作ることが厳しくなります。そのため、このような時に家族カードはとても役に立つのです。

また、家族カードは本会員だけでなく、家族カード利用者もカードに付帯している同様のサービスを受けることができます。

ポイントに関しても、一般的には家族カードで利用した分のポイントは、本会員のクレジットカードにまとめられるため、家族全員で利用する場合はかなり効率的に貯めることが可能です。

知って得する!クレジットカードの活用術

クレジットカードの活用術

クレジットカードにはさまざまな種類があり、ポイント還元率だけでなく、その付帯サービスや機能なども異なります。

ここでは、知っておいて損はない、お得なクレジットカード活用術をご紹介します。

電子マネーと一体型のクレジットカードが便利!

電子マネーと一体型のクレジットカード

現金の代わりにレジ横などに置いてある端末に「ピッ」とかざすだけで支払いができる「電子マネー」。

近年ではコンビニや大手スーパーのほか、飲食店や書店、タクシー、自販機など幅広い場所で使用できるようになってきています。キャッシュレス&サインレスで手軽に利用しやすく、利用分に応じてポイントも貯まるものも多いため、その利用者は増加傾向にあります。

最近では、そんな便利な電子マネーと一体型になったクレジットカードも多数発行されています。

代表的なものとしては、SuicaやPASMOなどの交通系ICカード機能を兼ねているもの、楽天Edy、WAON、nanacoなどのショッピング系電子マネーカードにクレジット機能がついたものなどが挙げられます。

電子マネーとの一体型クレジットカードにおける最大のメリットは、電子マネーを利用できない店舗であっても、クレジットカードとして使えるということ。

また、ポイントカード、電子マネーカード、クレジットカードの3枚を1枚にまとめられるため、お財布がスリムになるのもうれしいポイントといえるでしょう。

さらに、電子マネーは基本的に「プリペイド方式」のため、事前に現金をチャージしなければなりませんが、電子マネーと一体型のクレジットカードの場合、そのほとんどに「オートチャージ機能」がついています。電子マネーのチャージ残高が不足すると、自動的にチャージしてくれるのです。しかも、チャージした分はクレジットカードの支払日にまとめて決済されるのもメリットの1つといえます。

読者の皆様が居住している地域において、交通機関と連携しているクレジットカードがないものか、一度確認してみることをおすすめします。通勤・通学でIC定期券を利用している場合、クレジットカード機能付きのものにするとお得。IC定期券を利用する度にポイントを貯められるのはとても魅力的です。

クレジットカードの特典や優待を活用しよう!

クレジットカードの特典や優待

ほとんどのクレジットカードには、さまざまな「特典」や「優待」がついています。

例えば、百貨店や家電量販店、スーパー、ショッピングモールなどと提携しているカードの場合、ポイント還元はもちろん、対象店舗の商品を割引購入できるなどの特典を受けることができます。

また、期間限定で開催されるキャンペーンへの優待参加権や、バーゲンへの優先入店権などをもらえることも。

頻繁に通っているスーパーやショッピングセンターなどが発行する特典つきのクレジットカードがあれば、ぜひ1枚作っておきましょう。

海外旅行の際は現金よりもクレジットカードが安心!

海外旅行

ほとんどのクレジットカードは、海外でも利用することが可能です。

欧米をはじめ、近代化が進むアジア諸国などでは、日本よりもキャッシュレス化が急速に進んでおり、幅広い場所でクレジットカード決済が可能となっています。海外旅行で多額の現金をその国の通貨に換えて持ち歩くよりも、クレジットカードを利用する方が断然おすすめです。

日本ではにわかに信じられないことですが、海外で紙幣を財布に詰めて持ち歩くのは大変危険です。治安の悪い場所で巧みに窃盗されても後の祭り。その対策として、高い買い物はクレジットカードで決済することがおすすめです。海外でも日本国内と同様に使用できるカードであれば、作成の手間もかかりません。

チップ社会の国に行く際は多少の現金は必要になりますが、滞在期間を踏まえ現金はできるだけ少額を換金するようにしましょう。

また、クレジットカードによっては海外旅行保険が付帯されているものが多くあります。

クレジットカードに付帯されている場合、海外旅行保険を別途加入する必要はなく、保険料も不要です。

一般的な補償内容としては、ケガや病気などの診療・治療費のほか、賠償責任や死亡・後遺障害、盗難などの携行品損害がカバーされています。補償金額やその範囲等はカードによって異なるため、事前に調べておくようにしましょう。

キャッシングサービスを上手に利用しよう!

キャッシングサービスを上手に利用

クレジットカードにはキャッシングサービスがついているものも多く存在します。

「キャッシング」というと、「借金」や「ギャンブル」などといったマイナスイメージを持つ方も多いことでしょう。

しかし、実はクレジットカードのキャッシングは、ローン会社からの借り入れと比べ利率もさほど高くはないため、家計の整備を目的として一時的に活用するのに適した手段といえます。

ただ、クレジットカードと混在して、消費者金融など金利の高いキャッシングを利用する場合は、利用者側の心構えも変わってきますので注意しましょう。

ご自身が所有するクレジットカードのキャッシング利率がどれくらいなのかを確認し、先述したWeb家計簿のように、当月の支出と返済計画を管理できているのであれば、クレジットカード会社のキャッシングサービスを上手に活用するようにしましょう。

クレジットカードの機能・特典をフル活用しよう!

今回は、知って得するクレジットカードの賢い使い方についてご紹介しました。

クレジットカードはショッピングなどの際に現金が必要なく、後払いできるというメリットがあるほか、ポイント機能をはじめとするさまざまな特典や優待制度が付帯されています。

電子マネーと一体型のものや、家族カードなどを活用し、ネットショッピングや光熱費など月々の支払いをクレジットカードで行うことで、効率的にポイントを貯めることができます。

ポイント還元率や特典・優待内容はカードによって異なるため、ご自身のライフスタイルにマッチするものを選び、上手に活用しましょう。

工藤 崇
工藤 崇

AFP(R)認定者/…株式会社FP-MYS代表

FP-MYS代表。相続×FintechプラットフォームLettePla開発・運営。資格学校勤務後不動産会社、建築会社を経て2005年FP事務所を設立。1年後の2016年7月に法人化。多数の執筆のほか、Fintech関連のセミナー講師実績を有する現役の独立型ファイナンシャルプランナー(FP)として活動中。

各種カードローン比較
ピックアップ
各種カードローン比較
© カードローンQ All Rights Reserved.