クレジットカードの利用限度額を変更したい!限度額を上げる(下げる)方法

クレジットカードの利用限度額を変更したい!限度額を上げる(下げる)方法

クレジットカードの利用限度額を変更したい

クレジットカードの利用限度額を上げる(下げる)方法を知ろう

クレジットカードはいまや日常のショッピングに欠かせない存在です。インターネットショッピングをはじめ、スーパーやコンビニでの決済にも大変役に立ちます。現金よりもクレジットカードを使う機会が増えると、気になるのは利用限度額ではないでしょうか。

ちょっと大きな買い物をしたときに利用限度額がいっぱいになってしまうと、しばらくの間クレジットカードなしで生活しなければなりません。仕方なく現金払いに戻るというのは、なかなか面倒でしょう。

そんなときに検討したいのがクレジットカードの利用限度額の変更です。限度額を上げることで、上限額に達する可能性を減らすことができますし、反対に利用限度額を下げれば、クレジットカードの使い過ぎにブレーキをかけることができます。

今回は、クレジットカードの利用限度額を変更する方法についてご紹介します。

クレジットカードの利用限度額とは

クレジットカードの利用限度額とは

クレジットカードは、カード会社が利用者の信用度に応じて、買い物代金などを一時的に立て替える仕組みで成り立っています。当然、立て替えられる金額には上限があり、これを「クレジットカードの利用限度額」といいます。

クレジットカードの利用申込時に希望の利用限度額を申し出ると、カード会社による審査のあと上限が設定されます。ただし、利用者の信用度に応じた上限額が設定されますので、必ずしも希望額が通るわけではありません。

クレジットカードが発行されると、カードと契約条項が書かれた案内が郵送されてきて、その中に設定された利用限度額が記載されています。

利用限度額には、買い物等の決済で使用するショッピング枠と、クレジットカードを利用してお金を借りることができるキャッシング枠があり、それぞれ別枠で金額が設定されます。例えば、ショッピング枠50万円、キャッシング枠30万円なら、買い物などの決済で50万円まで、カードローンとして30万円までは利用できる、ということを表します。

限度額をオーバーするとどうなるのか

限度額をオーバーするとどうなるのか

クレジットカードの利用限度額をオーバーするとどうなるのでしょうか。単純明快で、「クレジットカードが使えなくなる」が答えです。といっても、永久に使用不能になるわけではなく、利用額の引き落とし(別の手段で払い込みすることもありますが)が行われると、その分の枠が復活することになります。

例えば、ショッピング枠50万円のクレジットカードを利用限度額まで使用したとします。そして次回の引き落としによる支払いで5万円引き落とされたとすると、利用額は45万円に減少しますので、5万円分の利用枠が復活することになります。

このクレジットカードを次回の引き落としまで全く使用せずに、さらに5万円返済すると、利用可能枠は10万円まで増えます。

では、利用限度額を超過する使用は絶対に不可能なのでしょうか。ショッピング枠50万円、現在の利用額49万円、今回の買い物額2万円、この場合、クレジットカード決済は拒否されるのでしょうか。結論としては、「おそらく決済拒否される」です。

おそらく、といったのは、状況によっては限度額超過状態で決済を受け入れるケースもあるからです。2万円の買い物では拒否されるかも知れませんが、例えば、利用額49万8,000円で3,000円の買い物なら通る可能性は高いでしょう。こういった金額の判断基準はカード会社によってまちまちですので、明確な線引きをすることはできません。

ただ、無用なトラブルを避けるためには、限度額ギリギリの状況を避けることが一番無難です。

上記の例で、2万円の買い物が突発的なものだったら事前準備ができないかもしれませんが、あらかじめ分かっている場合なら対処する余地はあります。それは、利用したい金額(2万円分)以上を先に返済しておくこと、です。

クレジットカード会社が指定する繰り上げ返済の口座に振り込みすると、いつでも繰り上げ返済をすることができます。返済した分は利用枠として復活しますので、カード決済が可能になるのです。

店頭での買い物であれば、そちらを現金払いに代えれば済む話ですが、公共料金の引き落としなどの場合は、このようにして利用枠を調整する必要があります。なお、繰り上げ返済の口座が分からない場合は、クレジットカード会社に連絡すればすぐに教えてくれます。

ただし、通常返済でも繰り上げ返済でも同じことがいえますが、入金から利用枠への反映までには時差があります。1日以上かかる場合もありますので、ご注意ください。

ショッピング枠とキャッシング枠は別物!

ショッピング枠とキャッシング枠は別物

先ほどの例で、「ショッピング枠がいっぱいになってもキャッシング枠がまだあるから大丈夫だろう」と勘違いされる方もいますが、この2つの枠は完全に別物です。キャッシング枠が手つかずのまま残っていても、自動的にショッピング枠の超過分を補てんしてくれることはありません。

ただし、キャッシング枠でキャッシングしたお金をショッピング枠の繰り上げ返済に充てれば、ショッピング枠を復活させることはできますので、必要に応じて検討すると良いでしょう。

知らないうちに限度額が変更されていることも?

知らないうちに限度額が変更されている

利用限度額は固定ではないため、状況に応じて変更されることがあります。

クレジットカード会社は、初回の審査時のみではなく、利用中も定期的に個人信用情報を確認しています。支払いに滞りがないか、多数のクレジットカードを所有していないかなどのクレジット利用履歴(クレジットヒストリー、いわゆるクレヒス)によって、信用力に問題がないと判断されれば、自動的に増額されることもあります。

よくあるのは、初回のショッピング枠が30万円で、半年から1年問題なく利用していたら50万円に限度額を上げられる、というケースでしょう。クレジットカード会社としても、良い顧客にはたくさん利用してもらいたいという本音があるからです。

反対に、多数のクレジットカードを所有していて合計利用限度額が収入に見合わない場合や、延滞など信用情報事故を起こしている場合には、利用額が引き下げられることもありますし、さらに悪いケースでは、利用停止になることもあります。

審査が通ってクレジットカードが発行されたからといって、以降の支払い状況はクレジットカードの利用に関係ないと思っている方はご注意ください。むしろ、クレジットカードを持っている間に良いクレヒスを積み重ねていくことで、利用限度額の増額や別の借り入れなどの審査にプラスの影響を与えることもできるのです。

クレジットカードの限度額を上げるメリット・デメリット

クレジットカードの限度額を上げるメリット・デメリット

では、クレジットカードの利用限度額を上げるメリット、デメリットはどのようなことがあるのでしょうか。以下、ポイントをご紹介します。

メリット

  • より高額の利用が可能
  • いらないクレジットカードを整理できる
  • 金利が下がることもある

増額のメリットは単純に、利用できる金額が増えることです。限度額が上がれば、限度額に達する可能性が少なくなるため、限度額オーバーで決済拒否される可能性も少なくなるでしょう。

また、もしものときのためにと普段使わない別のクレジットカードを持っていることもあるかもしれませんが、普段使いのクレジットカードの限度額が上がれば、それで事足りるかもしれません。このような場合は、クレジットカードの枚数を減らして手持ちのカードを整理することで、より信用を強固にすることができます。

加えて、リボ払いやキャッシング時の適用金利が下がるケースもあります。特にキャッシング枠は、カードローンと同じで利用限度額によって適用金利が定められているケースがあります。この場合、限度額が大きい程金利は低く設定されていますので、結果的に金利が下がることになります。

デメリット

  • 使い過ぎのブレーキを自分でかけなくてはならない

利用限度額が増えることのデメリットとしては、限度額いっぱいまで使い切ってしまう癖のある人には、使い過ぎになってしまう可能性があるということです。利用限度額に関わらず自分で利用する金額を管理できる方には、何の問題もありません。しかし、普段から衝動買いが多い方などは、今までより高額のショッピングが可能になるため、自分で財布のひもを固く締めないと、後々苦しむことになるでしょう。

クレジットカードの限度額を下げるメリット・デメリット

クレジットカードの限度額を下げるメリット・デメリット

今度は反対に、クレジットカードの利用限度額を下げるメリット、デメリットについて確認しましょう。

メリット

  • 使い過ぎることが少なくなる

限度額を下げることのメリットは、クレジットカード会社が使い過ぎに対するブレーキをかけてくれる、ということです。自分で利用する金額を管理できなかったり、浪費癖をコントロールできなかったりする人は、あらかじめ利用できる限度額を低めに設定しておくことをおすすめします。

デメリット

  • 使える金額が少なくなる

減額のデメリットも非常に分かりやすいのですが、利用できる金額が少なくなるというものです。普段から限度額に余裕があるのなら問題ないかもしれませんが、限度額近くまで使っていたクレジットカードの限度額を減額したとしたら、その分支出を減らす、違うクレジットカードを利用する、現金払いを増やすなど、利用方法を工夫する必要があります。

クレジットカードの限度額を上げる(下げる)方法

クレジットカードの限度額を上げる(下げる)方法

前述の通り、クレジットカードの限度額は自動的に変更されることもあります。一方で、希望して変更してもらうこともできるのです。では、クレジットカードの限度額を変更するにはどのようにすれば良いでしょうか。

限度額を上げたい場合

限度額を上げたい場合は、利用限度額の増額申請をします。自動的に上げてもらう場合と違い、申請して増額を希望する場合は、審査手続きが必要です。金額によっては収入証明の提出を求められたり、また申込時と勤務先などの内容が変わっていないか確認するために申込書と同じような書面の再提出を求められたりすることがあります。

それに加え、従前の利用履歴に問題がないかなどのクレヒスも合わせて判断されます。新規で申し込みするのと変わらないくらいの審査が行われますので、審査は決して甘いものとはいえません

限度額を下げたい場合

こちらも同じく、利用限度額の減額申請をします。増額の場合と違って、断られることはまずありません。しかし、いったん減額してしまうと、元に戻すには増額申請する必要があるため、慎重に判断しましょう。減額は電話一本でも済みますが、増額申請の場合は初回申し込みに準じて、Web、電話、ファクス、郵送など、クレジットカード会社ごとに定められた方法でのやり取りが必要となるため、ご注意ください。

クレジットカードの限度額を上げることができない場合とは?

次の場合、クレジットカードの限度額を上げることができません。

キャッシング枠

キャッシング枠はカードローンと同じ扱いで、貸金業法の総量規制を受けます。したがって、借入限度額は最大でも年収の3分の1までです。これは他社のカードローンやキャッシング枠との合計金額で判断されますので、不要なカードを解約すると、その分余力ができることになります。

ショッピング枠

割賦販売法の規制で、「支払い可能見込み額」を超えているかどうかがポイントになります。年収から法律で定められた生活維持費と他のクレジット債務を引いて、残った金額が支払い可能見込み額です。「法律で定められた生活維持費」は、持ち家か借家か、また世帯人数は何人かによって金額が定められています。支払い可能見込み額を超えている場合は、増額はできませんのでご注意ください。

クレジットカードの利用限度額は生活スタイルに合わせて変更しよう

今回は、クレジットカードの利用限度額を変更する方法についてご紹介しました。利用限度額の増減は自動的にされることもあれば、申請によって行うことも可能です。

クレジットカードの利用限度額が高い方が便利であることには違いありませんが、自己管理ができるかできないかなど、利用者の性格によっては限度額を低めにしておいた方が良いケースもあります。

大切なのは、ご自身にとって最適な利用限度額であるかどうかということです。現在の限度額が必要以上であれば下げる、逆に生活する上で足りないのであれば上げる、このような調整をしてクレジットカードを賢く使いましょう。

田中 裕晃
田中 裕晃

ファイナンシャルプランナー
日本FP協会主催「くらしとお金のFP相談室」で平成29年度相談員担当

大手賃貸仲介業者に就職、新人賞獲得。店長職を経験後、売買仲介業者として独立。 その後、創業者杉本雅幸の後継として株式会社大峰の代表取締役に就任、現在に至る。住宅の取得やそれに付随するライフプランニングの設計、資産の組み換え、相続対策などに関しての相談業務を行っている。

各種カードローン比較
ピックアップ
各種カードローン比較
© カードローンQ All Rights Reserved.