高知銀行カードローン こうぎんカードローン

今回は、歴史ある高知銀行、そして、提供しているこうぎんカードローンについてご紹介いたします。

こうぎんカードローンの申込方法や注意点なども詳しく記載していますので、ご確認ください。

歴史があり地域密着型の銀行「高知銀行」

高知県民なら言わずと知れた高知銀行。地域密着型の銀行として数十年も地域発展に貢献してきました。

普通銀行になるまで60年ほどの年月をかけ地域の発展に地道に貢献してきたこの銀行は、地域発展のための活動を数多く行っています。

歴史深く地域の方々に愛されてきた銀行。その高知銀行についてご紹介していきます。

高知銀行の基本理念や子会社について

高知銀行は、昭和5年に創業した歴史ある銀行です。「地域の皆さまとともに歩み、地域とともに発展する銀行」という基本理念を持ち、その基本理念のもと地域社会に貢献する金融機関として活動をしています。

資本金は194億円以上となっており、総資産は1兆円を超える銀行となります。また、店舗数は72店となっています。格付についてはBBB(トリプルB)となっており、債務履行の確実性は認められると格付けされています。

高知銀行は、様々なサービスを行っており、高知銀行グループとしては「銀行業」「リース業」「クレジットカード業」などを行っています。

連結子会社として「株式会社高銀ビジネス」「オーシャンリース株式会社」「株式会社高知カード」を持っており、それぞれの銀行は以下のようになっています。

株式会社 高銀ビジネス
  • 高知市本町
  • 昭和54年8月22日設立
  • 資本金1,000万円

高知銀行の委託を受けて人材派遣や用途品の調達などを行う会社

オーシャンリース 株式会社
  • 高知市知寄町
  • 昭和49年10月1日設立
  • 2,000万円

高知銀行の周辺業務を担う総合リース会社

株式会社 高知カード
  • 高知市本町
  • 昭和62年8月18日設立
  • 資本金2,000万円

高知銀行のリテール業務の一翼を担う会社

以上のような子会社を持ち、銀行業務を遂行している会社となります。

高知銀行の歴史について

高知銀行は、昭和5年1月に高知無尽株式会社という名前で設立しました。それから株式会社高知相互銀行に商号を変え、今の「株式会社高知銀行」に商号を変えるまで60年ほどかかっています。

設立から60年ほどの年月をかけ普通銀行に転換し、それまでは外国為替業務や公共債窓口販売取引、債券ディーリング業務などを取り扱っており、平成元年2月に「株式会社高知銀行」として普通銀行に転換しました。

普通銀行に転換してからは、信託代理業務の取り扱い、投資信託窓口販売の取り扱い、損害保険や生命保険の窓口販売を取り扱うようになりました。そして、平成25年11月に東京証券取引所市場第一部に指定されて今に至ります。

歴史の深い高知銀行はいままでも地域のために様々な活動を行い貢献してきました。具体的には「業務連携・協力に関する包括協定」を締結し、高知県の産業復興につながる取り組みを強化しています。

また、成長基盤強化に向けた取り組みの一環として、地域の成長分野に取組んでいるお客様に対しての融資ファンド(こうぎん・ビビッド・ファンド)を設立するなどの活動を行っています。

地域のために様々な活動で貢献

歴史の深い高知銀行はいままでも地域のために様々な活動を行い貢献してきました。具体的には「業務連携・協力に関する包括協定」を締結し、高知県の産業復興につながる取り組みを強化しています。

また、成長基盤強化に向けた取り組みの一環として、地域の成長分野に取組んでいるお客様に対しての融資ファンド(こうぎん・ビビッド・ファンド)を設立するなどの活動を行っています。

地域貢献についての取り組み

地域とともに歩んできた高知銀行の取り組みは、地域社会の活性化に向けた取り組みが中心となっております。

ここでは地域社会の活性化に向けた取り組みについて触れていきたいと思います。地域の活性化に向けた取り組みについては以下の通りです。

業務連携・協力に関する包括協定

これは、平成24年1月に締結されたもので、高知県の産業振興につながる取り組みとして、高知県内の各地の市町村の方々と連携・協力協定を結んでおり、これまでに「高知市」「室戸市」「奈半利町」「大豊町」「須崎市」「四万十町」「黒潮町」「梼原町」「四万十市」「土佐清水市」と締結しています。

こうぎん・ビビッド・ファンド

平成22年10月に総額100億円で設立した「こうぎん・ビビッド・ファンド」は、27年12月には総額1,000億円となっております。ファンドの活用を通じて地域経済の発展をサポートしています。

ビジネスマッチング

地域経済活性化に向けた取り組みのひとつとして、地元企業の商談会への出店を支援しています。「高知県地域産品商談会」「地方創生『食の魅力』発見商談会」「スーパーマーケット・トレードショー」「FOODEX JAPAN」など多数の商談会に支援をしています。

こうぎん地域ブランド応援融資

融資商品として「こうぎん地域ブランド応援融資」を平成28年1月より実施しています。これは農林水産物をはじめとした地域産業資源を活用した様々な事業などをサポートしていくことで地域産業の活性化に貢献していくというものです。

空き家解体資金

空き家対策として空き家解体資金の取り扱いを開始しています。空き家は防災面や防犯面においても放置しておくことは危険です。地域社会のためにこのようなサービスも開始しています。

高知県への移住者に対する住宅ローンでの対応

高知銀行は、高知県への移住促進活動をサポートするため、高知県へ移住される方に対する住宅ローンの融資利率を引き下げる取り扱いを平成27年に開始しています。今いる方だけではなく、これから住まわれる方に対してのサポートも手厚く行っているようです。

外部機関と連携

「㈱地域経済活性化支援機構」や「四国税理士会高知県支部連合会」「日本政策金融公庫高知支店」など外部の機関との連携も行っており、地域社会の経済発展に向けて様々な協力体制をとっています。

それ以外にも様々な活動を行い、地域社会の発展に寄与しているようです。

高知銀行が行っているサービスについて

高知銀行はどのようなサービスを行っているのでしょうか。高知銀行は大きく分けて4つのサービスを行っているようです。

  • 銀行業務
  • こちらは皆さんがいつも行うような銀行への預け入れ、引き出し、振り込みなどの業務です。一般的な銀行としての活動と言えます。

  • 「貯める・運用する」サービス
  • こちらは預金をはじめとする投資信託や、外資預金、国債についても取り扱っているようで、預金には「総合預金」「貯蓄預金」「定期預金」「積立預金」などがあります。一般的な銀行で行っている資産運用の手段ができると思って良いでしょう。

  • 「かりる」サービス
  • かりるサービスには住宅ローンやフリーローン、カードローンや教育ローン、マイカーローンなどがあります。今回はその中でもカードローンのサービスについてご紹介していきます。

  • 「備える」サービス
  • サービス内容としては、個人年金保険の取り扱いや終身保険、医療・がん保険や損害保険なども扱っております。引受保険会社には住友生命保険相互会社や三井生命保険株式会社、ソニーライフ・エイゴン生命株式会社などがあり、大手の保険会社の個人年金保険商品を扱っているようです。

申し込みしやすいカードローン「こうぎんカードローン」

高知銀行が提供するカードローン「こうぎんカードローン」はどのようなサービスなのでしょうか。

銀行カードローンは全国で多くの種類があります。ここではどのような商品なのか、支払いはどのようにすればよいかなどについてご紹介していきます。

高知銀行が提供する「こうぎんカードローン」について

高知銀行のカードローン「こうぎんカードローン」には5つのコースがあります。

コースとしては、「10万円コース」「30万円コース」「50万円コース」「100万円コース」「200万円コース」となっており、どのコースも随時返済型のコースとなっており、定額返済ではありません。

共通している部分としては、利息は2月・8月に引き落としされるという部分と、都合の良い時に入金する随時返済型というところです。

毎月の返済額については以下の通りとなっています。

コース 毎月の返済額
10万円・30万円・50万円 5,000円
100万円 10,000円
200万円 20,000円

200万円コースについては、給与所得者の方のみとなっておりますので、注意が必要です。

パートや専業主婦の方については、50万円以下のコースとなります。ただ、限度額が50万円までであっても、申し込みができるというのはうれしいですね。

細かくは、以下の通りとなります。

10万円・30万円・50万円コース

年収による金額の制限はありません。勤続年数や営業年数の制限もなく、利用できる人は満20歳以上65歳以下の方となり、継続した安定収入がある方に限ります。

ただし、専業主婦の方も借りることができます。また、年金受給者の方でも高知銀行に口座があり、そこに年金が振り込まれている方に限り満72歳まで申し込みすることができます。

100万円コース

年収は300万円以上の方で、勤続年数に関する制限はありませんが、自営業などをされている方の営業年数については3年以上の方に限ります。パートや臨時職員、専業主婦の方については申し込むことはできません。

200万円コース

年収は400万円以上の方に限ります。勤続年数は1年以上経っている方のみ申し込みすることが可能です。200万円コースのみ、給与所得者の方だけが利用でき、自営業の方やパート、専業主婦、臨時職員の方は申し込みすることが出来ません。

カードの支払いは随時返済型と低額返済型がある

こうぎんカードローンの返済方法には2つの方法があります。

随時返済型

随時返済型とは、毎月の低額返済ではなく、都合が良い時に指定の口座に入金するだけで返済することが出来ます。自分の都合に合わせて返済が出来るため、返済方法としてはこちらの方が人気です。

利息については毎年2月・8月の2回で口座から引き落としとなります。自分のペースで返済をしたい方にはこちらの随時返済型のタイプがおすすめです。

低額返済型

低額返済型とは、毎月7日に返済用預金口座から返済する返済方式です。返済元金を毎月コースごとに返済する形となりますが、50万円以下のコースは5,000円、100万円コースの場合は10,000円、200万円コースの場合は20,000円の返済が必要となります。

上記2つの返済方法がありますが、それぞれの返済型において利率の引き下げもできるようになっています。

通常は随時返済型の場合は年利12.5%、低額返済型の場合は年利11.0%となっておりますが、それぞれの取引内容によっては最大3.5%の引き下げが可能になっています。

こうぎんカードローンは申し込みしやすいカードローン

こうぎんカードローンの特徴の一つとしては、申し込み出来る人の制限が少ないという点があります。一般的に銀行カードローンに申し込みをしようと思った場合、審査制限が厳しく、パートや専業主婦、年金受給者は申し込みできないケースもあります。

しかし、こうぎんカードローンは専業主婦やパート、臨時職員の方でも申し込みが可能となっています。ただし、専業主婦やパート、臨時職員の方は50万円以下という制限があります。

使い道

使い道については自由となっており、生活費や急な入り用などにも利用できます。事業資金には利用することはできませんのでご注意下さい。

申し込み

申し込みについて、保証人不要、担保不要となっていますが、確認資料としては運転免許証などの本人を確認できるものや、印鑑のみとなっており、原則的には収入を確認できる資料は必要ありません。

銀行カードローンの種類によっては収入を確認するために源泉徴収票や2か月分の給与明細などを必要とする場合もありますが、こうぎんカードローンの場合はそのような書類は必要ありません。

上記の点から、比較的申し込みしやすいカードローンと言えそうです。

こうぎんカードローンを利用するメリット

歴史ある高知銀行が提供するカードローン「こうぎんカードローン」は利用する人にとってどのようなメリットがあるのでしょうか。ここではカードローン利用におけるメリットをご紹介していきます。

サービス内容によっては利率の引き下げも可能

こうぎんカードローンの支払いについて、年利は以下の通りとなっています。

随時返済型 年率12.5%
定額返済型 年率11.0%

上記の通りが通常の年率となりますが、こうぎんカードローンは取り引きの内容によって最大3.5%も引き下げが可能となっています。その項目は以下の通りです。

  • 給与振込、年金振込、財形積立のいずれかをご契約の方→年2.0%以下
  • 公共料金、税金、国保、クレジット、新聞の自動振替を3項目以上ご契約の方→年0.4%以下
  • 定期積金または積立定期を毎月1万円以上のご契約か、定期預金(積立定期を含む)30万円以上のいずれかご契約の方→年0.3%以下
  • 住宅ローン、生活ローン、住公のいずれかの自動振替をご契約の方→年0.5%以下
  • 高知カードのJCB・VISAのいずれかの自動振替をご利用いただき、実績のある方→年0.3%以下

上記全てに適用した場合は最大で3.5%も引き下げられる形となります。引き下げの割合がかなり大きいですね。

返済はいつでもOK!随時返済型が適用

こうぎんカードローンの返済には随時返済型を選ぶことが可能です。

随時返済型とは、毎月固定の返済をするという形ではなく、自分のペースに合わせて返済することが可能となり、毎月の返済による圧迫はありません。

自分が返しやすい時に返せることで余裕が生まれ、借り入れによる精神的な負担も軽減されるでしょう。

  • 随時返済型は返済しやすい
  • 年に2月と8月の2回のみ利息の返済がありますので、その際には指定の口座から引き落としとなります。随時返済型の良いところは、返済しやすいという部分もありますが、直接元金に充当されるということです。

    定額返済型の場合は毎月の返済額に利息もついてくるため、なかなか元金が減らないという印象がありますが、随時返済型の場合は返済すればするほど減りも大きく感じるため、返済しようという気になりやすいかもしれません。

ちょっとした臨時収入が入った場合に返済に充てることもでき、自然と返済額は減っていくことでしょう。しかし、一方で、いつでも返済できると思って毎月コツコツ返済せずに元金が減らないという可能性もありますので、注意してください。

こうぎんカードローンは申し込みの制限が低い

こうぎんカードローンの良い点の一つとして、申込者の制限が低いという部分があります。銀行カードローンの申し込みをする場合、ある程度の制限があるのが一般的です。

その制限の中には年金受給者やパート・アルバイト、専業主婦の方、そして勤続年数や営業年数などにより制限がかかることがありますが、こうぎんカードローンの場合はその制限が低くなっています。

こうぎんカードローンへ申し込みをする際の制限は以下の通りとなります。

  • 継続して安定した収入があること
  • 20歳以上72歳未満であること

上記の点を満たしていれば、借り入れの申し込みをすることができます。ただし、以下のような制限は生まれます。

  • パート・アルバイト・専業主婦・臨時職員の方は50万円以下の借り入れのみが可能
  • 年金受給者の場合は、高知銀行を利用していること(年金受給に)

また、100万円以上の借り入れの際にも以下のような制限があります。

  • 100万円以上の借り入れは年収が300万円以上もしくは自営業の場合は営業が3年以上
  • 200万円以上の借り入れは年収が400万円以上

200万円以上の借り入れには自営業の方は借りることができません。

こうぎんカードローンに申し込みをする際の注意点

こうぎんカードローンについてメリット部分をお伝えしてきましたが、申し込みをされる方によっては注意が必要な部分もあります。その部分についてご紹介していきます。

申し込みはネットでできるが場合によっては店舗へ行く必要がある

こうぎんカードローンの申し込みについて、審査などはWEB上からできるようになっていますが、実際に多くの融資を受ける際には印鑑や身分証明書を持って店舗へ行く必要があります。そこで、契約を済ませた後に利用することが可能となります。

融資までに時間がかかる

そのため、即日融資は見込めずに即日審査のみが可能となるため、急ぎで利用したい方には向いていないサービスとなります。申し込みしやすく制限も少ないのがウリではありますが、融資までには時間がかかりそうです。

高知銀行の営業区域外では利用が難しい

前述したとおり、実際に融資を受ける場合には契約をするために店舗に行く必要があります。また、高知県周辺にある営業区域での利用が主となるため、高知銀行の営業区域以外に住んでいる方には利用しづらいサービスと言えそうです。

地元住民じゃないと利用しにくい

コンビニATMの利用なども可能ですが、地元住民じゃない場合にあえて利用するということはあまり考えにくいかもしれません。

もちろん高知銀行が営業している営業区域内では利用しやすくなっていますし、地元住民からも愛されている銀行となりますが、全国どこでも同じようなサービスかというとそうではないようです。

高知銀行のカードローンを利用する場合は、高知銀行の営業区域内で生活をしている方の方がメリットを感じることは多そうです。

200万円以上の借り入れは勤続年数の制限がある

100万円以下の借り入れの際には、勤続年数の制限はありませんが、200万円以上の借り入れの場合には勤続年数の指定があります。

1年以上の勤続年数で無ければ200万円のコースを借り入れることはできません。また、200万円コースを利用の場合は年収による制限もあり、400万円以上年収が無ければ借り入れることができなくなっています。

200万円以上を借り入れしたい方にとっては利用しづらいサービスになると思いますが、一般的には200万円以上借り入れる場合には収入の制限がでてくるようです。そうした点から見るとデメリットとは感じにくいでしょう。

こうぎんカードローンの申し込み方法

こうぎんカードローンについての特徴やメリット・デメリットについて触れてきました。実際に申し込みをしたいという方のために申込方法や必要書類などをご紹介していきます。

どこのカードローンも申し込みや借入方法などは簡単になってきていますが、こうぎんカードローンの場合はどうなのでしょうか。

こうぎんカードローンへはWEB申し込みが可能

こうぎんカードローンへの申し込みはWEBからできるようになっています。流れとしては以下の通りです。

ステップ1
  • インターネットから申し込みを行う
  • 申込時に入力したメールアドレス宛に審査結果表示サイトのURLが送られてくる(電話にて今後の手続きを案内する場合もあります)
ステップ2
  • 審査結果表示サイトの案内から暗証番号を入力
  • 振り込み希望金額欄へ融資金の希望額を入力(カードが届くまでに融資が必要な場合のみ)
ステップ3
  • メールアドレス宛に本人確認資料提出の依頼が来る
  • 本人確認資料アップロード用サイトより本人確認資料のアップロードを行う(※本人確認資料は「運転免許証」または「パスポート」のいずれかをアップロードする)
ステップ4
  • メールアドレス宛に最終手続きの案内が来る
  • 審査結果表示サイトから契約内容を確認し、同意ボタンを押す
  • 同意ボタンを押すことで契約は完了となる
ステップ5
  • 専用のキャッシュカードが契約完了後約1週間で発送され、簡易書留にて受け取る
  • 近くのATMから利用可能

上記のような流れのもと、利用が可能となります。ステップ2で触れましたが、カードが届くまでに融資を受けたい方は事前に希望額を入力する必要がありますのでご注意ください。

カードが届いて借り入れする場合の方法

申し込みが完了し、無事にカードが届いたら早速借りに行きましょう。借り入れに必要なのは届いたカードのみで、カードを利用して借り入れする場合には高知市内の店舗かATMで利用することができます。

利用できるATMの中には視覚障がい者対応のATMや、夜間金庫設置店、通帳繰越機能付ATMなど借り入れるだけではなく様々なサービスもついています。返済方法については以下の通りです。

随時返済型

都合の良い時にカードローン口座へご入金いただくだけで返済できます。利息の返済日は毎年2月・8月の第2金曜日の翌日となっており、前回の利息返済日から今夏の利息返済日の前日までの利息をカードローン指定口座から引き落としとなります。

定額返済型

コースごとに、下記の金額が毎月7日に返済用口座から引き落としされます。

  • 10万円・30万円・50万円コース・・・毎月5,000円
  • 100万円コース・・・毎月10,000円
  • 200万円コース・・・毎月20,000円

利息の返済日は毎月7日となっており、前回の利息返済日から今夏の利息返済日の前日までの利息がカードローン指定口座から引き落としとなります。

また、毎月返済する定額返済型でも随時返済することも可能です。毎月返済することができる方は定額返済型の方が良いでしょう。

どんな資料が必要?審査は必ず通る?

こうぎんカードローンに申し込みをする場合には以下の用意が必要です。

  • 本人確認資料
  • 本人確認資料については、運転免許証や、住民基本台帳カード(顔写真付)、パスポート、住民票、健康保険証、印鑑証明等となります。

  • 印鑑
  • 印鑑については預金届出の印鑑となります。場合によっては実印が必要となり、その場合には印鑑証明も必要になりますので、申し込みをした後に用意が必要となる可能性もあります。

また、通常このようなカードローンに申し込みをする場合には、収入を確認できる資料が必要となりますが、50万円以下のコースに申し込みをされる場合には収入確認は原則必要ありません。

50万円を超えるコースに申し込みする場合には収入を確認する資料が必要となるため、源泉徴収票や2か月分の給与明細などを用意しておくと申し込みがスムーズに進むでしょう。

また、申し込みをしたら必ず審査に通るかというと、そうではありません。申し込みをしたからと言って100%通るわけではなく、場合によっては審査結果により融資を受けられない場合があります。

その場合は審査内容について、こうぎんカードローンから内容を伝えることはありませんので、諦めるしかなく、他のカードローンへの申し込みをおすすめ致します。

総合的に見ると借りやすい銀行カードローン

今回は、高知銀行のカードローン「こうぎんカードローン」についてご紹介してきました。

おさらいすると、メリットとしては、

  • サービス内容によっては利率の引き下げも可能
  • 返済はいつでもOK!随時返済型が適用
  • こうぎんカードローンは申し込みの制限がゆるい

などがあり、総合的に見て借りやすいカードローンということが分かったと思います。

一方で、注意しなければいけないのは、下記のような部分がありました。

  • 申し込みはネットでできるが場合によっては店舗へ行く必要がある
  • 高知銀行の営業区域外では利用が難しい
  • 200万円以上の借り入れは勤続年数の制限がある

上記部分は他の銀行カードローンでも同じようなことが言えるため、そこまでの注意は必要なさそうですが、高知銀行の口座を持っていない方だと少し抵抗があるサービスともいえそうです。

しかし、総合的に見るとメリットの方が感じやすいカードローンなのではないでしょうか。一般的には専業主婦やアルバイト、パートの方は借り入れの申し込み自体ができない銀行もあります。

高知銀行のこうぎんカードローンはそのような方でも申し込みができ、10万円コースから用意されているため、利用しやすいカードローンと言えそうです。

これからカードローンを検討している方は、是非こうぎんカードローンについても検討してみて下さい。

診断スタート
第1問 / 4問中

審査時間は早いほうが良い?

YesNo
第2問 / 4問中

返済日は自分で決めたい?

YesNo
第2問 / 4問中

お金を借りることを周囲にバレたくない?

YesNo
第3問 / 4問中

収入証明書の用意はできますか?

YesNo
第3問 / 4問中

返済日は自分で決めたい?

YesNo
第4問 / 4問中

申し込みはWEBで完結させたい?

YesNo
第4問 / 4問中

明細は郵送でなくWEB上で確認したい。

YesNo
第4問 / 4問中

借入場所が多いほうが良い?

YesNo

プロミスは三井住友銀行グループに属する大手消費者金融会社のサービスブランドです。
信頼性の高い三井住友グループの一員であるという点から、プロミスに対する信頼度も高くネームバリューもあるため、安心してカードローンを利用することができると言えます。

フリーキャッシングや女性向けのレディースローン、おまとめローン、自営者向けカードローン、目的ローンなど、利便性の高い商品を幅広く用意しています。また、業界では初めてゆうちょ銀行と提携したり、三井住友VISAプリペイドカードへのチャージサービスを導入したりするなど、利用者にとって便利で使いやすいサービスを提供しています。

プロミスのカードローンは、20歳以上で69歳の安定した収入のある方であれば、申し込みが可能できるため主婦や学生、年金受給の方でも、パートやアルバイトなどで安定した収入があれば申し込むことができます。

また、PCやスマートフォン、携帯電話で24時間365日申し込みができ、即座に入金が反映される「瞬フリ」というサービスがあります。
これは三井住友銀行の銀行口座か、ジャパンネット銀行の口座があれば24時間最短10秒で融資を受けることができ、土日祝日や夜間のキャッシングも可能です。

更に返済期日は、5日、15日、25日、末日から、自分の都合が良い日にちを選択することができ「口フリ(口座振替)」や「プロミスATM」、「提携ATM」など、利用者の都合に合わせて選ぶことができます。

CMなどで「はじめてのアコム」というフレーズを聞いたことのある方は多いかもしれません。このフレーズの通り、アコムはカードローンの利用が初めての方にピッタリの商品です。
アコムカードローンは、初回30日間金利0円、24時間365日借り入れ可能、スピーディーな審査など、初めての方でも利用しやすいサービスを展開しています。
最大の特徴は、融資までが非常にスピーディーな点です。
最短30分という早さで審査結果が届き、受付が受理されてからは最短1分で、振り込みが完了します。
また、スマートフォン・携帯電話・パソコンから、24時間いつでも利用することができ、アコムの店舗ATMも24時間営業のため、いつでも借り入れ・返済が可能です。更に、自宅や勤務先の近くにあるコンビニエンスストアのATMや、提携金融機関のATMからも借り入れができます。

申し込みもWEBで全て行うことができ、明細もWEB上で確認できるため、周囲に内緒で申し込むこと可能です。

返済についても口座振替(自動引き落とし)かそれ以外の返済方法かで返済日が異なりますが、口座振替(自動引き落とし)以外の場合は、ある程度自由に返済日を選ぶことができます。

是非一度お試しください。

竹中直人のCMでおなじみの、三井住友銀行グループのモビット。
銀行口座を持っていなくても利用できる、とても便利なカードローンです。
書類さえ揃っていれば10秒で審査がうけられることや、即日融資が受けられることも特徴として挙げられます。

満20歳以上69歳以下で安定した収入のある方であれば利用できますが、無職、専業主婦、年金以外の収入がない方は利用ができません。

申し込みから利用できるまでがとても早いのがモビットの大きな特徴です。
まず、webでできる簡易審査は、約10秒で審査結果を表示してくれます。
「web完結申込」を利用すると、本申込から実際に利用できるまで最短30分です。

また、急ぎの融資を希望する方専用に、フリーコールの窓口を設けています。申込完了後すぐに電話をすることで、すぐに審査を開始してくれます。

返済日に関しても5日、15日、25日、末日から選ぶことができ、都市部の銀行ATMや全国のコンビニエンスストアの端末・店頭等で利用することができます。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、2007年に発売された個人向けの金融商品(無担保ローン)です。
担保・保証人不要で申し込みができる無担保ローンで、資金使途は原則自由(事業性資金を除く)です。
限度額の範囲内で繰り返し利用でき、コンビニATMで気軽に借り入れや返済が可能です。

バンクイックの金利は年1.8%~14.6%と銀行ならでは安心の金利で、利息の支払いを少しでも抑えたい方に選ばれています。

また、口座を持っていないと申し込みできない銀行カードローンが存在する中、三菱東京UFJ銀行カードローンは銀行口座不要で申し込みが可能です。

申し込みもインターネットでの24時間受付や、三菱東京UFJ銀行店舗内のATMコーナーに設置されているテレビ窓口(無人契約機)が9:00~21:00(土日、祝日は9:00~17:00)まで営業しており、審査を通過した後ならバンクイックカードの即日発行、受け取りも可能です。
更に、全国にある三菱東京UFJ銀行のATMだけではなく、提携コンビニATM(セブン銀行ATM、ローソンATM、イーネットATM)の利用手数料もバンクイックカードを利用した際は無料で借り入れできるため、様々なメリットがあります。

三井住友銀行は、三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行と並ぶ日本の三大メガバンクの一つです。
その三井住友銀行が提供するカードローンは「返済利息額を上回れば返済額の自由設定」が可能で、任意返済を希望の方は、ボーナスなど臨時収入で返済もできます。

三井住友銀行カードローンの大きな特徴は店舗に併設されているローン契約機(ACM)で、申し込み~借り入れまで完結できてことです。
さらに、このローン契約機(ACM)は土日でもローンカードを発行でき、Web上での申し込みが可能で、土日・祝日でも受け取ることができます。

また、三井住友銀行ATMだけでなく、イーネットATM・ローソンATM・コンビニATM・ゆうちょ銀行ATMでも利用手数料や時間外手数料も無料で利用できます。

申し込みに関しても、銀行口座の開設なしで行うことができるため、銀行カードローンの中では、比較的スムーズに融資を受けることが可能です。

返済を行う際も毎月5日、15日、25日、末日(銀行休業日の場合は、翌営業日)に前月の約定日の借入残高に応じて返済できるため、利用者の都合に合わせて選ぶことが可能です。

ただし、学生さんや専業主婦の方は、安定した収入が本人にない場合は利用ができないため注意が必要です。

各種カードローン比較
ピックアップ
各種カードローン比較
© カードローンQ All Rights Reserved.