長崎銀行カードローン プレミアA

長崎銀行のカードローン「プレミアA」は、全国の銀行系カードローンの中でも最も審査が通過しやすいローン商品の1つです。

他のローン商品で審査に落ちてしまった人でも、プレミアAなら問題なく利用できるかもしれません。

長崎銀行は日本一店舗数が少ない第二銀行

長崎銀行は日本一店舗数が少ない地方第二銀行ですが、その分利用者にはきめ細かいサービスを行っているのが特徴です。長崎銀行の主なサービスは3つ。

  • 九州と沖縄ではほぼ全域で利用が可能
  • 用途や利用条件に合わせたフリーローンは充実
  • メインバンクとして利用するとお得なポイントが付与される

使えば使うほどにメリットが大きい長崎銀行の概要についてご紹介します。

店舗数が少ないゆえにきめ細かいサービスがウリ!

長崎銀行とは、長崎県長崎市に本店を置く長崎県内第二地方銀行です。創業は1912(大正元)年に誕生しました。

前身は長崎貯金であり、平成元年に現在の長崎銀行へと生まれ変わりました。2016年には西日本フィナンシャルグループの傘下に加わり、経営基盤はより強固になりました。

特徴は全国で最も店舗数が少ない第二銀行であること

長崎銀行の店舗数は23カ所であり、同じく長崎県の第二銀行である親和銀行が県内外に88店舗構えていることからも、いかに少ない店舗数で運営されているのかが分かると思います。

しかし店舗数自体は少ないものの、長崎県をはじめ、佐賀県や熊本県にも店舗数があったり、グループ会社である西日本シティ銀行のATMでも手数料がかからずに利用できるようになっています。

このことから長崎銀行の店舗数は少なくても、九州地方では不便なく利用できる銀行だと言えます。

長崎銀行の営業支店がある地域に居住してないと利用できない

長崎銀行を利用するには、長崎銀行の営業支店がある地域に居住している必要があります。利用者が非常に限定されている分、きめ細かいサービスが提供できるのが特徴です。

たとえば、長崎銀行の口座を年金受給口座に指定することで、定期預金の金利が上乗せされるサービスやコンビニATM手数料が無料になるなどのサービスがあります。

終活を考える上でも、より多くの資産を残したいと考えているのであれば使い勝手の良い銀行です。

また年金受給者以外でも、後述する利用するだけでたまっていくポイントサービスや充実したフリーローン商品など、利用者が限定されているからこそできるきめ細かいサービスが豊富です。

もし長崎銀行がつくれる地域にお住まいであれば、メインバンクとして口座を開設することで、お得に利用ができるかもしれません。

長崎銀行のフリーローンは全部で6種類!

長崎銀行が提供している6種類のフリーローンをご紹介します。

プレミアA(エース)
利用できる人 満20歳~満75歳未満の方
安定して継続した収入がある方
九州にお住まいの方
保証会社の審査が受けられる方
アルバイト、パート、専業主婦、年金受給でも利用可能
利用限度額 10万円~800万円
金利 年2.8%~14.95%
利用用途 自由(ただし事業性融資は不可)
担保・保証人 不要
保証会社 アコム株式会社
ながさきカードローン 「マイ・ファースト」
利用できる人 満20歳~満70歳未満の方
お取引店の近隣に居住または勤務している方
保証会社の保証が受けられる方
利用限度額 100万円のみ
金利 年14.95%
利用用途 自由(ただし事業性融資は不可)
担保・保証人 不要
保証会社 九州総合保証会社
ながさきカードローン「V CLASS」
利用できる人 満20歳~満55歳未満の方
前年度税込年収400万円以上の給与所得者または会社代表者
長崎銀行または他金融機関で住宅ローンを契約している方
現住所が長崎銀行営業エリア内にある方
利用限度額 50万円~300万円
金利 年7.1%、年9.1%、年11.1%のいずれか
変動制
審査内容によって年利が決まる
利用用途 自由
担保・保証人 不要
保証会社 九州カード株式会社
九州総合信用株式会社
株式会社オリエントコーポレーション
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
上記4社のいずれか
スーパーベスト
利用できる人 満20歳~80歳未満
九州内に居住の方
保証会社の保証を受けられる方
利用限度額 10万円~800万円
金利 年12.0%、13.5%、15.0%のいずれか
固定金利
審査内容によって年利が決まる
利用用途 自由
担保・保証人 原則として不要
保証会社 九州総合信用株式会社
フリーローンモア
利用できる人 満20歳~満75歳未満の方
九州内に居住の方
保証会社の保証が受けられる方
利用限度額 10万円~500万円
金利 年12.0%、13.5%、15.0%のいずれか
固定金利
審査内容によって年利が決まる
利用用途 自由
担保・保証人 不要
保証会社 株式会社オリエントコーポレーション
または九州総合信用株式会社のいずれか
ながさきフリーローン フィットスタイル
利用できる人 満20歳~65歳未満の方
長崎銀行支店の近隣に居住または勤務している方
保証会社の保証が受けられる方
利用限度額 10万円~300万円
金利 年9.0%、12.0%、14.0% のいずれか
変動金利
審査内容によって年利が決まる
利用用途 自由
担保・保証人 不要
保証会社 九州カード株式会社
九州総合信用株式会社
株式会社オリエントコーポレーション
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
上記4社のいずれか

長崎銀行は全国で使える上にポイントがたまる!

長崎銀行の店舗数は日本で最も少ないですが、銀行の口座は提携金融機関やセブンイレブンなどの全国のコンビニATMが利用できる上に、利用しているだけでお得になるポイントがたまっていきます。

全国で利用できるATM

長崎銀行はグループ会社である西日本シティ銀行をはじめ、提携金融機関である福岡中央銀行、佐賀共栄銀行、熊本銀行、豊和銀行、宮崎太陽銀行、南日本銀行、沖縄海邦銀行で手数料が無料で利用ができます。このことから九州と沖縄全域で利用ができます。

また2011年からセブン銀行と提携を行い、全国のセブンイレブンのATMでも利用できるようになりました。同じくゆうちょ銀行でも利用ができるので、ほぼ全国各地から長崎銀行の口座が利用できるようになっています。

利用するだけでたまるポイント

長崎銀行では2011年から個人名義の口座を対象に、毎月の取引内容をポイント化して、金利の割引や手数料が無料になるサービスを開始しました。

ポイントは給与や年金の受取口座に指定するだけで加算されたり、預け入れや公共料金の引き落としでもポイントが付くようになっています。ポイントは以下の3つのステージに分かれています。

  • ステージ1(30ポイント以上):ローン金利の割引、セブン銀行ATM利用手数料無料
  • ステージ2(50ポイント以上):振込手数料割引
  • ステージ3(100ポイント以上):ゆうちょ銀行ATM利用手数料いつでも無料

給与受取や公共料金の引き落とし口座に指定すれば50ポイントはたまるので、コンビニATMでも無料で出金できる上に、振込手数料も節約することができます。また普段からメインバンクとして利用しておくことで、ローン商品の金利も優遇してくれます。

もし他の金融機関のローン商品と比較しているのであれば、優遇後の金利と比べてみましょう。実は長崎銀行のローン商品の方が、他の金融機関よりも返済額を節約することも可能です。

ながさきカードローン「プレミアA」とは?

長崎銀行のカードローンプレミアAの特徴をご紹介します。プレミアAの大きな特徴は3つ。他にもプレミアAには素敵な特徴があります。利用条件や審査条件もご紹介しますので、参考にしてみてください。

ながさきカードローン「プレミアA」の特徴

長崎銀行が提供している6つのフリーローン商品の中でも少し触れましたが、ここではながさきカードローン「プレミアA」についてさらに詳しくご紹介します。

  1. 利用できる方
  2. 満20歳~満75歳までの安定して継続した収入がある九州にお住まいの方であればどなたでも申し込むことができます。

    もちろん収入があればアルバイトやパート、配偶者に収入があれば専業主婦の方でも利用ができます。また年金受給者でも申し込みができます。

  1. 申込方法
  2. パソコンかスマホがあればWEBで申し込みから契約までできるので、来店する必要がありません。

  1. 口座開設
  2. 長崎銀行には多くのローン商品を提供していますが、プレミアAに限り申し込みの際に長崎銀行の口座がなくても申し込むことができます。

  1. 必要書類
  2. 500万円未満の融資を希望の場合、写真付きの本人確認証だけで大丈夫です。

    収入証明書や担保、保証人を用意する必要もなく、申し込みの際に余計な手間をかける必要はありません。

  1. 全国で利用ができる
  2. プレミアAは、借入金の出金や返済を長崎銀行のATMはもちろん、全国のゆうちょ銀行やセブン銀行で手数料無料で利用することができます。

    このことで長崎銀行の支店がない地域に外出している場合に、急にお金が必要になっても安心して利用することができます。

  1. 振込融資サービスあり
  2. 通常のカードローンの場合、ローン専用のキャッシュカードが自宅に郵送されるまで借入金を出金できないローン商品が多いです。

    そのため契約が完了しても借入金が出金できるまで1週間~2週間程度時間が空いてしまいます。

    しかしプレミアAではキャッシュカードが手元に届く前に、事前に希望の借入金を指定の長崎銀行の口座に入金してくれるサービスがあります。

    このことによって、契約が完了したら最短で即日融資も可能になります。近々でお金を必要とする方にすぐに対応してくれる長崎銀行らしいきめ細かいサービスだと言えます。

  1. 金利
  2. 利用限度額ごとの金利は以下のようになっています。

    利用限度額 借入金利
    10万円~90万円 年14.95%
    100万円~300万円 年14.5%
    310万円~400万円 年8.5%
    410万円~500万円 年5.0%
    510万円~600万円 年4.5%
    610万円~700万円 年3.8%
    710万円~800万円 年2.8%

    利用限度額と金利は審査内容によって決定します。契約の際に適応される金利の説明があるので、確認するようにしましょう。

長崎銀行の他のカードローンとの違いは?

長崎銀行にはプレミアAの他に、マイ・ファーストとV CLASSという2種類のカードローンがあります。違いはどこにあるのでしょうか?

特徴を比較することで、自分に最適なカードローンを見つけましょう。

マイ・ファーストは高額融資ができない

プレミアAとマイ・ファーストの違いは高額融資ができるか否かです。プレミアAは借入限度額が800万円まで希望できますが、マイ・ファーストは100万円しか希望することができません。

もちろん希望限度額は審査内容によって決まるので、利用者全員が800万円まで融資してもらえるとは限りません。しかし希望限度額が細かく設定されているプレミアAの方が、より使い勝手が良いでしょう。

審査を大きく左右する保証会社

審査内容を大きく左右する保証会社ですが、プレミアAは消費者金融系であるアコム株式会社に対して、マイ・ファーストは銀行系の九州総合保証会社です。

一般的に消費者金融系の保証会社が最も審査基準が甘く、銀行系の保証会社が最も審査基準が厳しいと言われています。

このことからも、一見似た性質を持っているように見えるプレミアAとマイ・ファーストですが、審査内容には大きな違いがあることが分かります。

銀行系の保証会社が審査をするマイ・ファーストの方が審査が通りにくくなっているので、同じ条件を希望する場合、プレミアAを申し込んだ方が審査が通過する可能性が高くなります。

V CLASSは最も利用条件が厳しい

利用限度額が50万円~300万円までと希望額の選択肢が狭いものの、カードローンの中で最も金利を抑えることができるのがV CLASSです。

プレミアAとの金利差は最大で3.85%です。金利面を見るとV CLASSが最も魅力的なカードローンですが、利用条件が長崎銀行のフリーローンの中で最も厳しいことが難点です。

満20歳~満75歳までの安定した収入がある方であれば誰でも申し込めるプレミアAに対して、V CLASSは満20歳~満55歳以下であり、前年度年収は400万円以上、さらに住宅ローンを契約している方でしか申し込むことができません。

アルバイトやパートで年収400万円以上稼ぐのは困難ですので、実質申込は不可能です。審査は銀行系と信販系、消費者金融系の3種類の保証会社が担当するようです。

それぞれどの会社が担当するかは分かりませんが、例え審査が甘いと言われる消費者金融系の保証会社が審査を行っても、利用条件を考えると長崎銀行のフリーローン商品の中で最も利用するのが難しい商品だと言えます。

プレミアAは審査に自信がない人におすすめ

それではプレミアAが特におすすめな3つのタイプの方をご紹介します。

こまめに使用したい方

カードローンは一度審査を通過すれば、利用限度額内であれば何度でもこまめに借入金を出金して利用することができます。

特にプレミアAであれば、ゆうちょ銀行やセブン銀行で借入金の出金と返済ができるので、ほぼ日本全国どこからでも利用ができます。困った時にいつでも手軽に使えるローンを希望する方なら、プレミアAがおすすめです。

カードローンの中でも高額融資を希望している方

長崎銀行が提供している3つのカードローンの中で利用限度額が最も高くまで設定できるのがプレミアAです。

もちろん利用限度額は審査によって決まるので、上限まで利用できるとは限りませんが、こまめに利用できて、高額融資を希望する方にはプレミアAがおすすめです。

審査内容に自信がない方

プレミアAの最も注目すべき点は、審査を担当する保証会社の存在です。プレミアAの保証会社は消費者金融系のアコム株式株式会社です。保証会社の中でも消費者金融系の審査が最も通過しやすいと言われています。

基本的にはあのアコムと同じ審査基準になるので、長崎銀行のローン商品の中でも最も審査が通過しやすい商品です。審査内容に自信がないのであれば、プレミアAを申し込むと良いでしょう。

プレミアAをおすすめする理由3選

カードローンを申し込む際に気になるのは、利用条件と審査の内容ではないでしょうか。プレミアAでは全国の銀行系カードローンの中ではトップクラスに審査が通過しやすいカードローン商品です。

ここでは審査基準が通過しやすい理由と、メガバンク、消費者金融、長崎県内の銀行系カードローンとの比較をします。

メガバンクよりも高額融資がお得!

長崎銀行のプレミアAをおすすめする1つ目の理由として、高額融資を希望する場合、メガバンク系カードローンよりもお得に利用ができるという点があります。

まずはメガバンク系でも比較的利用しやすい三井住友銀行カードローンと三菱東京UFJ銀行バンククイックと比較してみましょう。

三井住友銀行カードローン
金利 年4.0%~14.5%
利用限度額 10万円~800万円
利用条件 満20歳~満69歳未満の安定した収入がある方
保証会社 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
三菱東京UFJバンクイック
金利 年1.8%~14.6%
利用限度額 10万円~500万円
利用条件 満20歳~満65歳までの安定した収入がある方
保証会社 アコム株式会社

メガバンク系カードローンである三井住友銀行カードローン、三菱東京UFJ銀行バンクイックとプレミアAの大きな違いは融資上限金額と、金利、そして利用できる年齢層です。

まず融資上限を見ていくと、プレミアAと三井住友銀行カードローンが800万円まで融資可能なのに対して、バンクイックは500万円までしか融資を受けることができません。この点で500万円以上の高額融資を希望する際に、バンクイックは不向きと言えます。

次に金利を見ていきましょう。プレミアAの金利は年2.8%~14.95%です。100万円以下の少額融資を希望する場合、0.40%~0.35%ほどプレミアAの方が金利が高いことが分かります。

しかしプレミアAの魅力の1つである800万円ほどの高額融資を希望する際には、最大で1.2%も金利が低くなります。高額融資の際には返済額も大きくなるので、なるべく金利が低いローン商品を選んだ方が良いでしょう。

最後に利用条件で比較してみましょう。申し込みができる年齢が、三井住友銀行カードローンが満69歳まで、バンクイックが満65歳となっているのに対して、プレミアAは満75歳まで申し込むことができます。

プレミアAの申し込みができる年齢層の幅は全国のカードローンの中でも最も広く設定しています。プレミアAの方がより多くの方が利用できるようですね。

  • プレミアAを利用した方がお得
  • メガバンク系カードローンと比較してみると、より高額融資を希望する際にはプレミアAを利用した方がお得です。

    もしメガバンク系カードローンと悩んでいるのであれば、自分が希望する借入額の金利を比較してみると良いでしょう。

消費者金融系より断然金利が安い!

次にカードローンの中でも最も利用しやすい消費者金融系カードローンと比較していきましょう。プレミアAは消費者金融系カードローンと審査内容が変わらないにも関わらず、金利は断然お得だということが分かります。

新生銀行カードローン レイク
金利 年4.5%~18.0%
利用限度額 1万円~500万円
利用条件 満20歳~満70歳までの安定した収入がある方
保証会社 新生フィナンシャル株式会社
アコム
金利 年3.0%~18.0%
利用限度額 1万円~800万円
利用条件 満20歳以上の安定した収入がある方
保証会社 アコム株式会社

プレミアAと消費者金融系カードローンとの大きな違いは金利です。レイクもアコムも低額融資の場合、最大で18.0%の金利がかかりますが、プレミアAは金利は最大で14.95%です。返済額を節約したいのなら、プレミアAを利用した方が良いでしょう。

  • 使い勝手の良いカードローン
  • 次に審査内容を大きく左右する保証会社ですが、アコムもレイクも自社の消費者金融系の保証会社が審査を行います。

    一方でプレミアAの保証会社はというと、なんとアコム株式会社が行います。つまり審査内容に関しては消費者金融系とほとんど変わらないと考えて良いでしょう。

    一般的に消費者金融系の保証会社は審査内容が最も甘いと言われているので、現在安定した収入があり、過去に金融事故を起こしたことがなければ高い確率で融資を受けることができます。

    プレミアAの場合、消費者金融系とほとんど同じ条件で審査が通過できる上に、金利を抑えることができるので、非常に使い勝手の良いカードローンだと言えます。

長崎県内の銀行系カードローンとの比較

最後に長崎県内にある十八銀行と親和銀行のカードローンと比較していきましょう。

十八銀行カードローン
金利 年2.0%~14.6%
利用限度額 10万円~800万円
利用条件 満20歳~満70歳までの安定した収入がある方
保証会社 エム・ユー信用保証株式会社
親和銀行カードローン
金利 年3.0%~14.5%
利用限度額 10万円~1,000万円
利用条件 満20歳~満69歳までの安定した収入がある方
保証会社 SMBCコンシューマーファイナンス

長崎県内の銀行系カードローンと言えば、十八銀行カードローンと親和銀行カードローンの2つが有名です。まずは金利を中心に比較していきましょう。どちらも低額融資を希望する際にはプレミアAよりも若干金利を抑えられることが分かります。

高額融資に関しても十八銀行の方が0.8%も金利が低いので、返済額を抑えることができます。金利面を考えるとプレミアAよりも十八銀行カードローンや親和銀行カードローンの方がお得に利用ができます。

では審査内容に関して比較してみましょう。やはり申込時の年齢の幅が最も広いのがプレミアAです。十八銀行も親和銀行も収入証明書の提出を義務付けていませんが、申込時の年齢制限がプレミアAよりも限定されていることから若干審査内容が厳しくなっていることが分かります。

  • 保証会社はエム・ユー信用保証株式会社
  • また保証会社で比べると十八銀行はアコムと三菱東京UFJ銀行が共同で設立したエム・ユー信用保証株式会社です。

    アコム株式会社が審査を担当するプレミアAと同系列の会社が担当ですが、より消費者金融に近い審査を行うアコム株式会社のプレミアAの方が審査が通過しやすいでしょう。

    また同じく消費者金融系が審査をする親和銀行と比較すると利用できる条件が緩いプレミアAの方がより審査が通過しやすいと言えます。

プレミアAにデメリットはあるの?

審査が通過しやすく、消費者金融系カードローンよりも低金利で利用ができるプレミアAですが、利用するにはデメリットもあります。

申し込みの前にデメリットを把握しておくことで、デメリットを回避することができるかもしれません。参考にしてみてください。

カードローンの利用がバレる可能性がある

プレミアAを利用するにあたって最大のデメリットがカードローンの利用が周りにバレてしまう可能性があるという点です。バレてしまう可能性があるケースは主に4つあります。

在籍確認がある

審査内容の1つに在籍確認というものがあります。これは申し込みの際に記入した職場に保証会社が電話連絡を行い、本当にその職場で働いているのかを確認する作業のことです。

もちろん電話の際にはプライバシー保護のために、カードローンの利用がバレないように細心の注意を払って在籍確認が行われます。

しかし過去にカードローンを利用したことのある方や勘のいい方が在籍確認の電話を受け取った際にはバレてしまう可能性もないとは言えません。

ローン専用のキャッシュカードが自宅に届く

契約が完了して1週間程度すると自宅にローン専用のキャッシュカードが届きます。封筒には長崎銀行と記載されており、一目でローンの利用がバレる心配はありません。

しかしキャッシュ―カードにはしっかりとローン専用という記載があるので、カードを見られたら利用がバレてしまう可能性があります。

利用明細書が自宅に届く

半年に1回カードローンの利用明細書が自宅に郵送されます。もちろん封筒には長崎銀行と記載されているだけですが、中身はカードローンの利用明細となっているので、取り扱いには十分注意が必要です。

返済額引き落としの際に通帳に明記される

プレミアAは毎月15日に長崎銀行の指定口座から所定の返済額が引き落とされるようになっています。この際に口座の通帳には、返済額が引き落としされた旨が記載されます。

審査と融資までに時間がかかる

全国の銀行系カードローンの中でもトップクラスに審査条件が緩いプレミアAですが、その分審査結果の通知と融資までには時間がかかります。

具体的な審査時間などの記載はありませんが、少なくとも即日で審査結果を通知してもらうのは難しいでしょう。利用者の声によると、申し込んだ翌日には審査結果が通知されたという口コミもありました。

もちろん審査窓口の混み具合にもよりますが、平均で2~3日程度は審査結果までに余裕を持った方が良いでしょう。

審査に時間がかかるため即日融資は不可能

融資までの時間ですが、審査に時間がかかる分、即日融資は不可能と考えた方が良いでしょう。契約まで平均で3~4日程度かかるようです。

プレミアAにはキャッシュカードが届く前に指定口座に振り込んでくれるサービスがありますが、これを利用しても申し込みから融資まで4日程度は必要です。

以上のように即日融資を希望する方には不向きなカードローンと言えます。どちらかと言うと、万が一の際に備えておくと便利なカードローンです。

審査は通りやすい分、金利は若干高め

審査条件がクリアしやすいのが魅力的なプレミアAですが、その分金利は他の銀行系カードローンよりは若干高めに設定されています。

例えば同じ長崎県内の銀行系カードローンである十八銀行カードローンの金利は年2.0%~14.6%、親和銀行のカードローンの金利は年3.0%~14.5%です。プレミアAの金利が年2.8%~14.95%なので、若干プレミアAの方が金利が高いことが分かります。

もちろん審査条件を考えるとプレミアAの方が通りやすいので、最大0.45%の金利はそこまで気にならない水準だとも言えます。

むしろプレミアAと同じ審査基準である消費者金融系カードローンよりは金利が低いので、もしカードローンを検討しているのであれば、アコムやレイクよりもプレミアAの方が返済額を節約することができるでしょう。

申込方法と月々の返済額

最後にプレミアAの契約方法と借入金の返済方法についてご紹介します。特に返済方法は、ローン商品を利用する方にとって最も重要な情報です。

プレミアAには2種類の返済方法があります。2種類の返済方法をうまく活用することで、返済額を大幅に節約できるかもしれません。

利用する際の注意点もご紹介しているので、申し込みの前には必ずチェックするようにしてください。

プレミアAの申込方法

それではプレミアAの申込方法をご紹介します。

申し込み

パソコンかスマホがあれば、長崎銀行のWEBサイトから申し込みができます。WEB申し込みの他には、FAX、郵送でも可能です。一番自分に合った方法で申し込むようにしてください。

審査

申し込みが完了すると本人確認の電話が着ます。本人確認が完了すると、同時に在籍確認が行われます。電話と同時進行で申込内容を参考にして、審査が行われています。

審査結果の通知

審査結果は電話行われます。申し込みをしてから最短で翌日と考えておきましょう。

契約手続き

審査が通過したら長崎銀行のWEBサイトから契約書類をダウンロードして、必要書類と合わせて長崎銀行に郵送します。急いでいる場合にはFAXで送信すると対応が早くなります。

借入金の振込&キャッシュカードの郵送

無事、契約が完了したら1週間後を目安にローン専用のキャッシュカードが自宅に届きます。このカードを使って借入金の出金や返済ができるようになります。

またキャッシュカードが届く前に借入金が必要な場合には、指定の長崎銀行の口座に振込をしてくれるサービスがあります。平日15時までに契約が完了していれば、即日での振込も可能です。

プレミアAの月々の返済額

最後にプレミアAの月々の返済方法と返済額についてご紹介します。

返済方法
自動引き落とし方式

毎月15日に長崎銀行の口座から所定の返済額が引き落としされます。返済額は返済日前日の借入利用金額によって変動します。

ATM返済方式

自動引き落とし方式の他に、任意の金額を自由に返済する方法があります。長崎銀行のATMをはじめ、提携金融機関、ゆうちょ銀行、セブン銀行が無料で利用できます。

自動引き落とし方式に加えてATM返済方式を利用することで最終的な返済額を節約することができます。ATM返済をしても返済額が残っている場合、毎月15日には自動引き落としがされるので注意しましょう。

参考までに月々の返済額をご紹介します。

利用残高 返済額
20万円以下 5,000円
20万円~50万円 10,000円
50万円~150万円 20,000円
150万円~200万円 30,000円
200万円~300万円 40,000円
300万円~400万円 50,000円
500万円~600万円 60,000円
600万円~700万円 70,000円
700万円~800万円 80,000円

プレミアAは審査が通過しやすく利用しやすい!

長崎銀行のカードローンプレミアAは、全国の銀行系カードローンの中でも特に審査が通過しやすく利用しやすいカードローンです。

全国のセブン銀行やゆうちょ銀行から借入金の出金や返済も可能なので、長崎県を離れていても便利に利用ができます。

審査条件がやさしく、便利に利用できるカードローンをお探しの方は、ぜひプレミアAを参考にしてみてください。

  • プレミアAは満20歳~満75歳まで幅広い方が利用できる
  • 全国のコンビニATMで借入、出金ができる
  • アルバイト、パート、専業主婦の方でも利用可能
  • 銀行系カードローンの中では最も審査が通りやすいカードローンの1つ

プレミアAは審査や融資までに若干時間がかかるものの、審査が通るか心配な方には特におすすめの銀行系カードローンです。即日融資には不向きな商品ですが、融資までに余裕が持てる方には使い勝手が良いでしょう。

もし消費者金融系カードローンを検討しているのであれば長崎銀行のプレミアAも検討してみましょう。消費者金融系と同じ審査基準で利用できる上に、金利も低く抑えることができます。

また他の金融機関では年齢制限で落ちてしまった人でも、プレミアAなら審査が通過するかもしれません。カードローンを諦めてしまう前に、ぜひプレミアAを検討してみてください。

診断スタート
第1問 / 4問中

審査時間は早いほうが良い?

YesNo
第2問 / 4問中

返済日は自分で決めたい?

YesNo
第2問 / 4問中

お金を借りることを周囲にバレたくない?

YesNo
第3問 / 4問中

収入証明書の用意はできますか?

YesNo
第3問 / 4問中

返済日は自分で決めたい?

YesNo
第4問 / 4問中

申し込みはWEBで完結させたい?

YesNo
第4問 / 4問中

明細は郵送でなくWEB上で確認したい。

YesNo
第4問 / 4問中

借入場所が多いほうが良い?

YesNo

プロミスは三井住友銀行グループに属する大手消費者金融会社のサービスブランドです。
信頼性の高い三井住友グループの一員であるという点から、プロミスに対する信頼度も高くネームバリューもあるため、安心してカードローンを利用することができると言えます。

フリーキャッシングや女性向けのレディースローン、おまとめローン、自営者向けカードローン、目的ローンなど、利便性の高い商品を幅広く用意しています。また、業界では初めてゆうちょ銀行と提携したり、三井住友VISAプリペイドカードへのチャージサービスを導入したりするなど、利用者にとって便利で使いやすいサービスを提供しています。

プロミスのカードローンは、20歳以上で69歳の安定した収入のある方であれば、申し込みが可能できるため主婦や学生、年金受給の方でも、パートやアルバイトなどで安定した収入があれば申し込むことができます。

また、PCやスマートフォン、携帯電話で24時間365日申し込みができ、即座に入金が反映される「瞬フリ」というサービスがあります。
これは三井住友銀行の銀行口座か、ジャパンネット銀行の口座があれば24時間最短10秒で融資を受けることができ、土日祝日や夜間のキャッシングも可能です。

更に返済期日は、5日、15日、25日、末日から、自分の都合が良い日にちを選択することができ「口フリ(口座振替)」や「プロミスATM」、「提携ATM」など、利用者の都合に合わせて選ぶことができます。

CMなどで「はじめてのアコム」というフレーズを聞いたことのある方は多いかもしれません。このフレーズの通り、アコムはカードローンの利用が初めての方にピッタリの商品です。
アコムカードローンは、初回30日間金利0円、24時間365日借り入れ可能、スピーディーな審査など、初めての方でも利用しやすいサービスを展開しています。
最大の特徴は、融資までが非常にスピーディーな点です。
最短30分という早さで審査結果が届き、受付が受理されてからは最短1分で、振り込みが完了します。
また、スマートフォン・携帯電話・パソコンから、24時間いつでも利用することができ、アコムの店舗ATMも24時間営業のため、いつでも借り入れ・返済が可能です。更に、自宅や勤務先の近くにあるコンビニエンスストアのATMや、提携金融機関のATMからも借り入れができます。

申し込みもWEBで全て行うことができ、明細もWEB上で確認できるため、周囲に内緒で申し込むこと可能です。

返済についても口座振替(自動引き落とし)かそれ以外の返済方法かで返済日が異なりますが、口座振替(自動引き落とし)以外の場合は、ある程度自由に返済日を選ぶことができます。

是非一度お試しください。

竹中直人のCMでおなじみの、三井住友銀行グループのモビット。
銀行口座を持っていなくても利用できる、とても便利なカードローンです。
書類さえ揃っていれば10秒で審査がうけられることや、即日融資が受けられることも特徴として挙げられます。

満20歳以上69歳以下で安定した収入のある方であれば利用できますが、無職、専業主婦、年金以外の収入がない方は利用ができません。

申し込みから利用できるまでがとても早いのがモビットの大きな特徴です。
まず、webでできる簡易審査は、約10秒で審査結果を表示してくれます。
「web完結申込」を利用すると、本申込から実際に利用できるまで最短30分です。

また、急ぎの融資を希望する方専用に、フリーコールの窓口を設けています。申込完了後すぐに電話をすることで、すぐに審査を開始してくれます。

返済日に関しても5日、15日、25日、末日から選ぶことができ、都市部の銀行ATMや全国のコンビニエンスストアの端末・店頭等で利用することができます。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、2007年に発売された個人向けの金融商品(無担保ローン)です。
担保・保証人不要で申し込みができる無担保ローンで、資金使途は原則自由(事業性資金を除く)です。
限度額の範囲内で繰り返し利用でき、コンビニATMで気軽に借り入れや返済が可能です。

バンクイックの金利は年1.8%~14.6%と銀行ならでは安心の金利で、利息の支払いを少しでも抑えたい方に選ばれています。

また、口座を持っていないと申し込みできない銀行カードローンが存在する中、三菱東京UFJ銀行カードローンは銀行口座不要で申し込みが可能です。

申し込みもインターネットでの24時間受付や、三菱東京UFJ銀行店舗内のATMコーナーに設置されているテレビ窓口(無人契約機)が9:00~21:00(土日、祝日は9:00~17:00)まで営業しており、審査を通過した後ならバンクイックカードの即日発行、受け取りも可能です。
更に、全国にある三菱東京UFJ銀行のATMだけではなく、提携コンビニATM(セブン銀行ATM、ローソンATM、イーネットATM)の利用手数料もバンクイックカードを利用した際は無料で借り入れできるため、様々なメリットがあります。

三井住友銀行は、三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行と並ぶ日本の三大メガバンクの一つです。
その三井住友銀行が提供するカードローンは「返済利息額を上回れば返済額の自由設定」が可能で、任意返済を希望の方は、ボーナスなど臨時収入で返済もできます。

三井住友銀行カードローンの大きな特徴は店舗に併設されているローン契約機(ACM)で、申し込み~借り入れまで完結できてことです。
さらに、このローン契約機(ACM)は土日でもローンカードを発行でき、Web上での申し込みが可能で、土日・祝日でも受け取ることができます。

また、三井住友銀行ATMだけでなく、イーネットATM・ローソンATM・コンビニATM・ゆうちょ銀行ATMでも利用手数料や時間外手数料も無料で利用できます。

申し込みに関しても、銀行口座の開設なしで行うことができるため、銀行カードローンの中では、比較的スムーズに融資を受けることが可能です。

返済を行う際も毎月5日、15日、25日、末日(銀行休業日の場合は、翌営業日)に前月の約定日の借入残高に応じて返済できるため、利用者の都合に合わせて選ぶことが可能です。

ただし、学生さんや専業主婦の方は、安定した収入が本人にない場合は利用ができないため注意が必要です。

各種カードローン比較
ピックアップ
各種カードローン比較
© カードローンQ All Rights Reserved.